2015年12月アーカイブ

 県では、年齢、性別、障害のあるなしや国籍等の違いに関わらず、誰もが安心して暮らすことができる社会の実現に向け、ユニバーサルデザイン(UD)の取組を推進しています。

 その一環として、多くの方々が利用されているJR佐賀駅のトイレ(書店西側のトイレ)を誰もが利用しやすく、快適なトイレとなるよう、UD化の改修工事を行いました。見て・触れて・UDを実感できる快適なトイレに生まれ変わりましたので是非ご活用ください。

→どう変わったかはこちらをご覧ください!