2016年9月アーカイブ

 多くの方々が利用されているJR佐賀駅のトイレを、誰もが利用しやすく、快適なトイレとなるよう、平成27年12月に、株式会社LIXIL、九州旅客鉄道株式会社、佐賀市、佐賀県が協力して、ユニバーサルデザイン化の改修を行いました。  このたび、利用者の声を把握するとともに、今後のユニバーサルデザインの普及啓発等に役立てるため、改修を行った4者が協力して、JR佐賀駅トイレの利用者アンケートを実施しました。  その結果、改修後のトイレについて、改修前より「とても良くなった」「良くなった」と回答した人の割合は、合計約97%という高い満足度になりました!  この調査の概要と、より詳細な調査結果については、コチラをご覧ください。

 佐賀県では、年齢・性別・障害のあるなしにかかわらず、誰もが安心して暮らすことができるユニバーサルデザイン社会の実現を目指しています。

 事業者の皆様方は、高齢者や障害のある方をはじめ、外国人や妊婦の方、小さな子ども連れの方などが来所・来店されたとき、接客の仕方で戸惑ったことはありませんか?

 こんな時の"おもてなし"が向上する民間の資格・講座(ココをクリック)をご紹介します。

 是非、ご活用ください。

 なお、県では、11月からサービスのプロを招いた研修会(開催案内はコチラ)を開催しまので、こちらもご利用ください。