佐賀県パーキングパーミット制度


身障者用駐車場 看板


身体障害者、高齢者、
難病患者等
【有効期間:5年間】


一時的に歩行が困難な方
(けが人、妊産婦)
【有効期間:1年未満】

 私たちがまちに出かける時、様々な店舗やホテルなどの施設で、車いすのマーク(国際シンボルマーク)がある駐車場を目にするようになりました。

 この身障者用駐車場は、身体に障害のある方が、施設を利用しやすいよう、施設に近いところにあり、スペースも広くつくられています。(車いす使用者の方が、車から乗り降りされる時には、ドアを全開にできるスペースが必要です。)

駐車場写真

 しかし、障害のある方からは、障害のない方が身障者用駐車場に車をとめているため、とめられないという多くの声を聞きます。

 そこで、県では、本当に身障者用駐車場を必要とする人に県内に共通する利用証を交付することで、駐車場を利用できる人を明らかにし、駐車スペースを確保する「佐賀県パーキングパーミット(身障者用駐車場利用証)制度」を、全国で初めて実施しています。

 この制度では、「歩行が困難な方」として、身体に障害のある方をはじめ、高齢者や妊産婦の方なども駐車スペースを利用できる方としています。

 この取組を通じて、障害のない方の駐車をなくすことはもちろんのこと、車を運転する方々の意識を変えていきたい。身障者用駐車スペースを増やしていきたい、そして、佐賀に住んでいる人々がゆずりあい、思いやりの心を持ち、みんなが安心して暮らしていける社会をつくっていきたいと思います。

参考資料など

メディアプレイヤーのダウンロード ※県政広報テレビ番組「県政NOW」をご覧になるには「Windows Media Player」が必要です。 当コンテンツには、Media Playerによる動画配信ページが含まれております。「Windows Media Player」をインストールされていない方は左のアイコンをクリックしてインストールしてください。

ページの上部へ