公共的施設ユニバーサルデザイン化支援相談窓口

~建物・サービスのユニバーサルデザイン化のアドバイスを無料で受けてみませんか?~

1 目的

 佐賀県では、年齢、性別、障害のあるなしや国籍の違いに関わらず、できるだけ多くの人が、より使いやすい施設づくりを応援しています。
 それぞれの施設に合わせて、施設改修やソフト的対応(備品整備、スタッフによる接遇など)によってユニバーサルデザイン化する方法を、専門の相談員がアドバイスする相談窓口を開設しています。
 飲食店、診療所、旅館など、不特定多数の人が利用する施設(公共的施設)であればご利用いただけますので、お気軽にご相談ください。
 

2 相談窓口

対象施設

 佐賀県内にあり、不特定多数の人が利用する施設(公共的施設)

 ※個人の住宅、倉庫などは対象外です

アドバイス内容

 様々な利用者(高齢者、障害者、妊産婦、外国人等)や利用場面(天候、時間、非常時等)を想定し、相談された施設に応じて(1)~(3)を組み合わせ、総合的にアドバイスします

(1)施設改修

 施設のユニバーサルデザイン化を充実させるための改修工事について、適切な内容や必要箇所をアドバイスします。

(2)備品整備

 少しでも多様な利用者が使いやすいようにするための備品の整備について、適切な用具や設置箇所をアドバイスします。

(3)人的サービス

 従業員等による接遇・介助等のソフト的な対応についてアドバイスします。

問合せ先

佐賀嬉野バリアフリーツアーセンター(事業委託先)

受付時間:月曜日から金曜日 9時から17時まで

    (祝日及び年末年始(1229日~13日)を除く)

連絡先 :TEL 0954-42-5126

    FAX 0954-42-0361

    E-mail office@uresino.net

所在地 :嬉野市嬉野町大字下宿乙2202—55

相談の手順

1 申込み

 電話、FAX、Eメールなどで相談窓口に連絡し、現地調査を申し込んでください。

2 現地調査

 相談員が施設を訪問し、施設の所有者、管理者等の立会いのもと、現況ヒアリングや施設の点検を行い、改善について一緒に検討します。

3 アドバイス報告書送付

 検討したアドバイスを、報告書として依頼者にお送りします。

備考

参考資料

リーフレット(公共的施設UD化支援相談窓口)(PDF 368kb)